こだわり過ぎはNG!シンママの再婚失敗例

こだわり過ぎはNG!シンママの再婚失敗例

過去の失敗や、パートナーに求める「条件」等…こだわり過ぎると回りが見えなくなりがちです。
シンママは再婚した方が良い!と、口を酸っぱく言い続けている本ブログですが、今回は失敗例を記事にして行きたいと思います。

■子供や実家の関係にこだわる
離婚後、定職に付いていないシンママも多くいらっしゃるのではないでしょうか。そのような場合、実家への依存度はかなり高くなっていると思います。
実家に頼る事は決して悪い事ではありません。が、依存し過ぎも墮落への基。
「実家が楽だから再婚しなくても良い」や「再婚に失敗しても、また実家へ戻れるだろう」等と思い出したら危険信号。貴方のその行動は、年老いた両親を縛り付けるだけでは無く、今後パートナーとなる男性への対応にもあらわれてしまいます。

また、離婚を経験した事で親子の絆はより一層強くなったかと思われますが、再婚後に子供との関係に依存し過ぎるのも良くありません。
新たにお父さんになる人への橋渡し役と言う訳ではありませんが、あまりに度が過ぎると父子の間で揉める、冷めてしまう危険性も十分考えられます。

■過去にこだわる
再婚相手となるパートナーが現れたとしても、過去の失敗から色々と不安になってしまう気持ちも解ります。
しかし、「浮気」や「DV」「借金関係」等、過去にこだわり過ぎると相手を信用出来なくなってしまいますよ。

あなたが過去の失敗を経験した上で選んだパートナーなんです。
簡単な事では無い事は承知の上で、一旦そのような気持ちは捨て、真正面から向き合うようにして行きましょう。

■パートナーへの子供の対応にこだわる
パートナーとなるべく男性に、あまりに早い段階で「父性」を求めすぎてしまう事も良くありません。
「子供を可愛がってほしい」と言った感情は、母親として間違った感情ではありませんが、あまり押し付け過ぎてしまう事は、パートナーへの負担になりかねません。

徐々にで良いので、子供との関係を良くするように双方の仲を取り持つよう、努めてあげる事があなたの役割です。

■相手の収入にこだわる
これは再婚する方だけの問題では無く、初婚の人にも当てはまります。

しかし良く考えてください。
「年収が高い=幸せな生活(もしくはセレブ)」は約束されたものではありません。
高収入(年収1000万以上)の人の中には、自分の趣味にだけお金をかけ、それ以外はないがしろにしてしまう人もいます。

また、勿論例外もいますが、高収入男性は総じて仕事が忙しく、家庭を顧みれず、すれ違ってしまう事も
あまり収入にこだわり過ぎず、「自分にとっての理想の家庭」や「ライフスタイル」等、共存出来、思いやれる関係がベストです。
収入先行では無く、まずは相手を知るようにして行きましょう。

■まとめ
こだわりを持つ事は良い事ですが、そのこだわりがあなたにとってのストレスや、視野を狭める原因になっていませんか。
シンママとして新しい人生のスタートを切ったのですから、過去の事は一旦リセット。広い気持ち、広い視野をもってみましょう、

そうする事で自分自身を変えられます。
自分が変わると言う事は、男性を見る目を変えられると言う事です。

●合わせて読みたい

シングルマザーは再婚で幸せになれる!再婚にはメリットだらけ

バツイチ子連れ女性は年下男性にモテる!

バツイチ同士の恋愛、再婚は上手くいく理由


【管理人一押し】
再婚・婚活にオススメのサイト
マリッシュ


再婚