再婚に向け、シングルマザーが気をつけるべき事 Vol.3

再婚に向け、シングルマザーが気をつけるべき事 Vol.3

今回はVol.3としてお届け致します。前回、前々回記事と合わせてお読みください。

【前回記事】再婚に向け、シングルマザーが気をつけるべき事 Vol.1
【前々回記事】再婚に向け、シングルマザーが気をつけるべき事 Vol.2

前回はシングルマザーの恋愛のうち、「子供」等に対する接し方をまとめましたが、今回は「恋人」に対する接し方、対応方法等をまとめて行きたいと思います。

■恋人に対する悩み
一度失敗を経験しているからこそ、恋愛がスタートすれば、「次こそは幸せになりたい!」と思うのが常です。
デリケートな部分でもあり、折角再婚に向けたチャンスを逃してしまう可能性もあります。伝えるべき事はしっかりと話し合っておく必要があります。

1.自分には子供がいることを話す
いずれ、何処かのタイミングで必ず話さなければいけない事ですよね。
相手が「シングルマザー」と言う事を知らないのであれば、早い段階で「自分には子供がいるシングルマザー」という事実を伝えましょう。

可能であるならば、交際が始まる前や、友達の段階で必ず言っておきましょう。
言うタイミングを逃してズルズルと話せないままになってしまうと、「騙された!」と思い、そのままドロンしてしまう人もいます。そのような最悪な事態は必ず避けるべきです。

2.結婚の報告時、恋人の親の反応
恋人が初婚の場合は特に不安だと思います。
恋人の親の立場からすれば、「子持ちで、一度失敗しているのに?」と、今後の事を含めて不安があるのは当然だと思ってください。
初めから理解されようとせず、じっくり時間をかけて理解してもらえるように努力しましょう。
全ての人が上に当て嵌まる訳ではありませんが、最初から「全て上手く行く!」なんて思わないようにしてください。

3.自分の子供を恋人は愛してくれるのか
自分の子供を、恋人が愛してくれるかはやはり不安ですよね。
母親として、子供の事は何より優先すべきではありますが、初めから「恋人に子供を愛して欲しい!」と言う気持ちを押し付けては彼の重荷になってしまうのはないでしょうか。

まずはご自身と恋人との関係をゆっくりと築き上げてゆくべきだと言えます。
恋人との関係が築き上げられてくれば、自然と子供に対する愛情も増してくると思います。

■まとめ
全3回の構成となってしまいましたが、今回で終了です。
子連れのシングルマザーが、恋愛において気をつけるべき事は実際にまだまだあります。
子供が複雑な心境を抱く原因になる事もあるでしょうし、恋人や、その親に対する気遣いも繊細な問題です。

「スムーズに事が運ばなくて当然」と言う気持ちを持って、一つ一つ物事解決の為、話しあってゆきましょう。
そう言った困難を乗り越えて行けば、必然的に恋人との関係も強い絆で結ばれている筈です。

●合わせて読みたい

恋愛に臆病なシングルマザーが恋愛を楽しむ方法

シングルマザーの出会い方法はこんなにある

再婚活、バツ付きはデメリットじゃない


【管理人一押し】
再婚・婚活にオススメのサイト
マリッシュ


再婚