非モテ婚活注意!偶然の出会い!?ヤリ目男に出会ってしまったときの対処法

婚活の場で出会った男性が実はヤリ目だと気づいた婚活中の女性

婚活とは本来、将来結婚する相手との運命的な出会いを期待して参加するものですよね。

ですが、そんなポジティブであるべき婚活の場にいくつかのネガティブ要素があるのも事実です。

そのひとつとして、結婚する気もないのに相手を求めて婚活に参加しているヤリ目男。

真剣に出会いを求めている女性にとっては絶対出会いたくないものですよね。

出会わないようにと気をつけていても、100%確実に回避できるとは限りません。

今回は、そんな出会いたくないのにヤリ目男に出会ってしまったときの対処法をご紹介します。

熱心に出会いを求めている女性の気持ちを踏みにじる、不届きな男性に婚活を邪魔されないためにぜひチェックしてください。

■ヤリ目男に出会ってしまったかも!するべき行動は!?

婚活パーティーで出会った男性実はヤリ目かもしれないと不安になり始めた女性

ヤリ目男にひっかかってしまいたくはありませんが、言い寄ってくれる男性を全て疑っていたら出会いのキッカケはなくなってしまいますよね。

そこでやり取りをしていた男性がもしかしたらヤリ目男かもしれないと感じたときにするべき行動をご紹介します。

事前に見分けられなかったとしても、慎重に行動をすればヤリ目男に利用されずにすみますよ。

・LINE以外の連絡先、素性を教えてもらう

LINE以外の連絡先を聞かれて動揺する男性

本当に結婚を前提に交際を考えている男性であるなら職場や電話番号など、身分を証明する情報を教えてくれるはずです。

ヤリ目男は目的を果たした後にスムーズに姿を消せるようプライベートな情報は相手に教えません。

職業は「公務員」「医療関係」などと濁し身分を明らかにしない男性には注意。

婚活の場であるなら「学校の先生」であったり「歯科医」などと、少なくともどんな仕事をしているのかわかるように相手に伝えるのが常識的ではないでしょうか。

その場を楽しむだけであるなら「公務員」「医療関係」と言った情報を伝えるだけで十分かもしれません。

ですが、人生の伴侶となるお相手を探しているといった意識があればどのような対応が誠実であるのかは一目瞭然ですよね。

また連絡先もLINEだけではなく、メールアドレスや電話番号も教えてくれるのかは重要。

真剣に考えている相手の連絡先がLINEしかなければ、男性にとっても不安になりますよね。

大切な相手であればLINEだけではなく、もしものためにほかの連絡先も相手に伝えようと思うものではないでしょうか。

万が一LINEからの連絡が出来なくなってしまったら、それはそれでいい。

その程度にしか考えてもらえてない場合もあるので、いくつかの連絡先を教えてくれるのかどうかで今後のお付き合いの仕方を考えた方がいいでしょう。

社会人であるなら職場など、ここに連絡すれば必ず自分と連絡が取れるといった確かな情報を教えてもらえない場合は警戒しましょう。

・すぐにホテルに行かない

婚活パーティーで出会った男性にホテルへつれていかれそうになって動揺している女性

早く良い関係になりたい。

男性の期待を裏切りたくない。

断ったら嫌われてしまうかもしれない。

様々なことが思い浮かぶかもしれませんが、出会って早々数回のデートでホテルに行ってしまってはいけません。

あからさまに出会ったその日にホテルにお誘いするような男性は誰もが警戒すると思いますが。

出会って一ヶ月はまだ警戒が必要。

ヤリ目の男性は同時進行で複数の女性と関係を進めている場合があるので、すぐに目的を達成できなくてもひと月はゆっくり丁寧にお相手をしてくれるものです。

結婚をしてずっと生活を共にするならこそ、性格の相性だけではなく身体の相性も大切だと言う男性もいるかもしれませんが、そんなことは都合のいい言い訳。

結婚を考えてお付き合いをするならば、なによりもまず先に身体の相性をと考えるものでしょうか。

無視できないことかもしれませんが、他の何よりも身体の相性を確認したいと優先してしまう価値観の男性とのお付き合いがどうなのか。

関係を持ってしまう前に改めて考え直してみましょう。

本当に結婚を意識している、あなたのことを大切に思ってくれている男性であるならホテルへのお誘いを断ったとしても、それだけで関係を終わりにしてしまうようなことはありません。

あなたの意見もちゃんと尊重してくれている男性こそ、あなたのことを大切にしてくれている男性ではないでしょうか。

■狙われやすいタイプは純粋な女性!?

男性経験が少なく男性を疑う気持ちを持たない純粋な女性

男性とのお付き合いの経験がなかったり少ない女性は、ヤリ目男に狙われてしまう可能性が高いです。

男性に対しての情報が少ないということは男性にとっては騙しやすい女性ということになります。

自分自身で、恋愛の経験が少ないと思う女性は最初から男性の言い分を全て信用してしまうのではなく一旦受け取り、冷静に考える時間を持つようにしましょう。

  • 相手のペースに流されずに、自分のペースで判断する。

  • 何事もまるっと信用してしまうのではなく、疑う気持ちを持つこと。

疑うといっても、相手を悪い人だと決めつけて信用しないのではなく。

保身のために、警戒する意識を持つということ。

最初はお互いに知らない人同士なわけですから、その不安な気持ちをどう説き解いていくのかで誠実さが見えてくるものではないでしょうか。

・ナンパされるのはモテる訳じゃない

ナンパをされることにモテるからとプライドを持っている女性

ナンパをよくされる女性と聞くと、モテるんだ~。

なんて印象を持った方もいるのではないでしょうか。

ですが、実際にナンパとはその場限りの関係を目的としていて、真剣に恋愛をするといった目的ではありませんよね。

それは婚活の場においても同じです。

ヤリ目の男性には目的を果たせるかどうかと言うことしか念頭にありません。

声をかけるからには失敗をしたくないのです。

失敗をしたくないからこそ、確実そうな女性を選んで声をかけます。

キレイだから魅力的だからではなく、成功しそうだから声をかけるのです。

つまり、この出会いの機会を逃したらもう二度と会えないかもしれない偶然の出会いに、どうしても自分の気持ちを伝えたいといった行動ではない場合がほとんどと言えるのではないでしょうか。

実際に偶然出会った女性に心惹かれてなんとかキッカケをと声をかける男性もいると思います。

そんな男性とヤリ目の男性との違いはこれまで記してきた対処法を実践していただけばその違いはわかると思います。

声をかけられるのは失敗がなさそうだから、そう思われてしまっている場合があることを忘れないようにしておきましょう。

声をかけてくる男性が必ずしも全員ヤリ目だとは言い切れませんが、恋する気持ちをもてあそばれてしまわないように。

悲しい恋愛をしてしまわないためにも心の片隅に留めて置いてくださいね。

■まとめ

ポジティブな気持ちで婚活に励む女性の部屋に飾られた花

いかがでしたでしょうか。

ヤリ目男と出会ってしまったときの対処法をご紹介させていただきました。

言い寄ってくる男性が全てヤリ目だと感じてしまっていたら恋愛も上手くいかなくなってしまいますが、「声をかけられる=モテる」と直結してポジティブに考え過ぎてしまわないように気をつけましょう

誘われたからと全てのお誘いにのらないといけないわけではありませんし、男性を吟味することが高飛車な行動でもありません。

ヤリ目男にひっかかってしまわないか不安のある方は、しっかりと自分のペースで婚活することを心がけてくださいね。

本当の運命の出会いが一日でも早く訪れますように、少しでもその応援になることを願っています。



【管理人一押し】
再婚・婚活にオススメのサイト
マリッシュ


再婚