会うまでのメールでのアプローチ方法

会うまでのメールでのアプローチ方法

メールのやり取りから実際に会うまでの流れですが、できれば女性の方から「実際に会いたい」というようなメールが来るよう誘導するのが理想です。
 
しかし相手の女性からなかなかそういう内容のメールが来ない場合は、男性からアプローチをかけましょう。

会う話をするタイミングですが、メールの内容の進展にもよりますが、数回メールをやりとりしてお互いの理解が深まり、相手のことがある程度具体的にイメージできるようになった段階が目安です。
メールの内容が、その日に起きたことなど、世間話的な内容になってきた時なども1つの目安になります。

まずは、今度会いたいというような内容ではなく、

「機会があったら、○○さんと□□にでも行ってみたいですね」

「○○さんといつか、△△のレストランにでも行ってみたいな」

のような、ちょっとアタリを付けるような感じです。

そのメールに女性が乗ってくるようでしたら、じゃあ、ということで具体的なデートの相談に入って行きましょう。

残念ながら女性の反応が無いようでしたら、まだ女性の気持ちが定まってないということですので「会いたい」ということには触れず、頑張ってメールを続けましょう。
サイト内メールから個人メールに移行できそうであればしておくことをお勧めします。

何回かメールのやりとりをして、もう一度、
軽くアタリを付けてみます。
 
それでも女性からの反応が無ければ、いつまでもその気のない女性を相手にしていては「効率」が悪すぎます。

ここは思い切って

「一度○○さんとお会いしたいんですけど」

「今度のお休みに□□で会いませんか」

というふうに少し強引に攻めてみましょう。

だいたいはこれで反応があるはずですが、それでもあなたと会うのを渋っているようなら、何か事情があるのかもしれません。
いつまでもあなたの「会いたい」という気持ちに反応してこないようなら、まあ捨ててしまうのももったいないですから、「リザーブ」として、少しづつ距離を置く、メールの頻度を落とすとか、間隔を開けるとかした方が得策です。


【管理人一押し】
出会い探しにオススメ
pcmax