婚活中のバツイチ子持ち男性必見!やってはいけないNG選

婚活中のバツイチ子持ち男性必見!やってはいけないNG選

再婚に向け、婚活を始めて良いお相手とお近づきになれたとしても、独身時代のあなたと、現在のあなたでは大分価値観が変化しています。
今回はそんな「バツイチ子持ち男性」特有の、お悩みと言いますか、彼女にやってはいけないNG集として解説して行きます。

■子供の話題が多い・強引に子供と会わせようとする
子持ち男性ならではの行動で最も多いのが、自分の子供の話ばかりすること。
特に、男性側が子供を引き取った場合に、その傾向は強く見られます。

それは「親」としては当然の気持ちだとは思います。
しかし、「自分の子供だから可愛い!相手も絶対にそう思う!」と、言った勘違いをして子供の話題ばかりをしていますと、彼女も徐々に不満を募らせてゆく事でしょう。

その上、相手に相談も無く、デートの時に頻繁に自分の子供を連れて行ってしまうと「私って必要ないんじゃ?」と彼女に思わせてしまう要因になる危険性も孕んでいます。

子供の事が絡んでしまうと、どうしても盲目的になってしまう事は「親の性」ではありますが、もし心当たりがあるのであれば、一度相手の立場に立って良く考えてみましょう。

■自分の生活リズムを強要する
離婚後、多くの人が「バツイチ子持ち」なりの生活のリズムを作り上げているか思います。

この生活リズムをきちんと作る事は、規則正しく生きる為にはとても大切な事です。
しかし、それをこれから一緒になるであろう彼女に、強要してはいけません。

彼女にも自分なりの生活のスタイル、リズムがあるからです。
自分のリズムを強引に納得させるのではなく、お互い話し合った上で作り上げて行きましょう。

■何でも自分でやってしまう
健全な生活を送っている男性によく見られるのが、自分一人で何でも出来てしまう事です。

家事やトラブル時の対処方法等、全て難なくクリア出来てしまいます。
何でも出来てしまう事はとても素晴らしい事なのですが、一般的な女性は好きな人のお世話をしてあげたいもの…
たまには失敗してしまう事前提で、彼女に頼ってみては如何でしょうか。

何でも一人でやってしまうと、やはり「私って必要ないんじゃ?」と思われ、知らず知らず心が離れていってしまいます。
そうならない為にも「協力・共存」の関係はしっかりと固めるようにしましょう。
どちらかに偏ってしまう関係は良くありません。

■まとめ
簡潔にまとめますと、「話合いは大事」これに尽きます。
過去の結婚、恋愛から学ぶ事も多いでしょう。

ここで言う話合いとは、「お互いの主義、主張を押し付け合う」事では無く「お互いを尊重し、最善の方法を考える」事を指します。意外な事に、これが出来ていない夫婦、カップルは多いのです。

子供も絡んだデリケートな話も多く絡んできますので、是非とも「話合い」を妥協せず、お互いにとって最善と思われる方向性を決めて行ってください。

●合わせて読みたい

バツイチ男が過去に捕らわれない為の心構え

再婚をする前に考えておきたい事

知っておきたい再婚メリット


【管理人一押し】
再婚・婚活にオススメのサイト
マリッシュ


再婚